没後35年 シャガール 秀作版画展

うすいイベント

会期:2020年1月15日(水)〜21日(火)
会場:8階 ギャラリー
※最終日は午後5時閉場

20世紀巨匠、マルク・シャガールの“没後35年”を記念し、生前制作された版画を中心に50余点を展覧いたします。
パリやニースを舞台に、恋人や動物たちが舞う夢の世界を、ぜひこの機会にご高覧ください。

マルク・シャガール

1887年 ロシアのウィテブスクに生まれる。
1907年 ペテルブルグの美術学校で学ぶ。
1910年 パリでアカデミー・ジュリアンに通う。
1914年 ロシアに帰る。ベルリンで初の個展を開催。
1915年 ベラ・ローゼンフェルトと結婚。
1922年 最初の銅版画「わが生涯」を制作。
1939年 カーネギー賞受賞。
1945年 ニューヨーク近代美術館回顧展を開催。
1963年 パリ・オペラ座の天井画制作。東京、京都で大回顧展開催。
1973年 ニースの国立シャガール聖書のメッセージ美術館が開館。
1977年 レジオン・ドヌール最高勲章受賞。
1985年 ヴァンスにて逝去。享年97歳。

女曲芸師

「女曲芸師」
1960年
リトグラフ
32.5×25cm

雅歌

「雅歌」
1975年
リトグラフ
58×45cm

青い魚

「青い魚」
1957年
リトグラフ
23×40cm

うすいからのおすすめ

このページの先頭へ