〜炎と技で甦らせた逸品〜 薩摩切子展

うすいイベント

会期:2018年4月18日(水)〜24日(火)
会場:8階 ギャラリー
※最終日は午後6時閉場。

江戸末期の薩摩にて誕生するも明治初期にはその歴史が途絶えてしまった、幻の切子と呼ばれる薩摩切子。
この薩摩切子がおよそ120年の空白を経て約30年前に復刻されました。
今回は往時の意匠を再現した伝匠薩摩切子や現代の感覚を取り入れた創作薩摩切子を多数展示いたします。
この機会にぜひご来場ください。

01-フラワーベース

薩摩黒切子
フラワーベース
直径90×高さ170mm

絶佳
黒の煌きと端正な立ち姿。
風格のある高貴な佇まいに、誰しも魅了される。
そして花の彩を添えると、鮮烈な景色が広がる。

うすいからのおすすめ

このページの先頭へ